①業界への新たな人材誘致

②技能・能力検定制度の設立

③業界人材のスキルアップ

④クリエーターの育成


 

初年度は③業界人材のスキルアップに着手した

 

研修報告

image001

人材育成事業委員会は、ファッション産業の次代を担う基幹人材の育成を推進するため、業界横断型の人材育成施策を実施しています。その第一弾として、9月3日から11月5日まで全6回のMD研修を、IFIに委託して実施しました。会員傘下の団体に加盟している30名が受講し、三宅会長名の修了証を授与しました。

研修の前半は基礎を学び、それを踏まえて後半は、異業種や同業他社で構成する5つの班に分かれてグループワークを行い、「今の時代に開発していきたい新規事業(ブランド)のプラン作成」に向け、喧々諤々の議論を交わしました。その過程で違った考えに触れ、刺激を受けつつ結束力を強めていきました。最終日にはIFIで交流会を開き、終了後は班ごとに二次会に行ったようです。

受講者に対するアンケート結果では、「もう少し時間をかけてほしかった」と云う指摘はあったものの、「52週MDをどこまでどう落とし込むかの具体的な手法を聞くことができて良かった」「社内の限られた情報の中で自己流の業務となっていたが、通常では手の届かない手法を学ぶことができ、実務を見直すことができた」「異業種の人と議論をし、課題に向け真剣に取り組んだことで、新しい発想や考え方の重要性を改めで感じた」など、従来の知識習得に留らず、対話型の創造的・実践的なカリキュラムに評価を得ることができました。

 

今後について

人材育成事業委員会は2013年10月の会合で、当面の研修対象

  1.    若年層(特に新入社員)
  2.    中堅(業務経験3年程度のMD業務従事者)
  3.    管理職(業務経験の浅いマネージャー)
  4.    店頭販売職
  5.    企画専門職(デザイナー、パタンナー)

中でも優先順位が高い中堅のMD従事者からスタートしました。

2015年1~3月実施の研修については、当初、管理職を検討していましたが、MD研修が早期定員に達したためお断りした企業が複数あり、加えて研修に対する評価も高かったことから、続けて「MD研修」の第二弾を実施することとしました。

 

第2回MD研修の概要

前回のアンケート結果を踏まえ、課題出しを早めてプレゼンまでの期間を長くしたほか、学びながらグループワークに取り組めるようカリキュラムを変更しました。また研修内容では、MDの基礎について講義内容のボリュームを軽くするとともに、BtoB型へシフトし、ブランドリニューアルでは具体的事例を増やすことにしました。

開催は、2015年1月20日~3月10(全6回)の18時00分~19時45分に、IFIビジネス・スクール教室で実施。参加費は3万円(全6回通しでの受講のみの受付)で、参加資格は日本ファッション産業協議会の各団体加盟企業の従業員。定員は30名です。

運営協力 一般財団法人ファッション産業人材育成機構(IFI)