世界のファッションビジネス環境は、FTA等の新たな国際ルールの構築やインターネットの発展等によるボーダレス化・グローバル化が一層進んでいます。また、日本のファッション市場は、川上企業と川下企業のクロスオーバー等、産業構造の変革期を迎えています。さらに、日本国内を見渡すと、需要低迷の悪環境からの脱出途上にあり、グローバル需要の取り込みと、産業構造の転換が不可欠な状況になっています。

 日本のファッション産業発展のために、今、ファッション関連団体がすべきことは、個人、ブランド、企業、団体の垣根を越え、日本全体のファッションビジネスの総合的な力を結集し、世界に向けて発信するビジネスモデルをつくりあげることです。

 政府が進める「クールジャパン戦略」におけるファッションは、高付加価値商品として極めて重要であり、我々の担う役割はたいへん大きいものであります。この新法人「一般社団法人 日本ファッション産業協議会」は、All Japanで国内が一つになり、世界が共感するクールジャパンを発信・発言し、日本のファッションが夢と魅力にあふれるものとして認知されるよう邁進してまいります。
 
 今後とも日本ファッション産業協議会はその目的を達成するため、関係各位の一層のご支援ご指導をお願い申し上げる次第でございます。

 

一般社団法人 日本ファッション産業協議会
会長   三宅 正彦

会長 三宅 正彦
会長 三宅 正彦