海外展開事業委員会は10月26日、12月1日に委員会を開催

「クールジャパンファンドの活用事業」、「中国ECビジネスサイトの活用」等を検討してきました。

今回、JFIC独自の越境EC事業展開の可能性を探ることを検討課題に設定し、会員企業への海外販売へのニーズを把握するためアンケートを実施します。

人材育成事業委員会は11月29日に委員会を開催

今年度実施できなかった研修の見直しと、次年度の研修内容の検討を行いました。
特に学生対象の合同企業説明会への参加を検討。
各団体が実施している研修内容を把握し、JFIC独自の研修を検討。

日本手袋工業組合が入会されました。

20090616_680608

日本手袋工業組合が一般社団法人日本ファッション産業協議会の13番目の団体として2016年4月入会されました。
本部は香川県にあり、日本の手袋の9割が東かがわ市を中心とした香川県で生産されています。
1888年に大阪でメリヤス手袋の縫製を行っていた地元の先達が帰郷し、手袋の製造を始めたことがその発祥。
120年余の歴史を持つ世界でも有数の手袋産地です。
香川県はうどん県としても知られていますが、てぶくろ県てぶくろ市との名刺もあります。
 
 
01

2016 JFIC 新人教育のご案内

 

―業界を知ることで、自らやるべき課題が見えてくる―

ファッション産業は、衣料からバッグ、靴などの服飾雑貨、インテリア、食まで包含しつつあります。
ファッションに憧れ、同じ志を持った若者が一緒に学ぶことで、悩みを分かち合い、絆を強め、課題克服に向け喧々諤々の議論をし、大きく成長するきっかけを掴みます。
産業構造の変化などを学ぶ中で、自分の立ち位置を理解し、会社の一員として自らやるべきことが見えてきます。

 

実 施 概 要

【募 集 対 象】 業務経験3年以上のMD従事者
【開 催 期 間】 6月21日(火)~7月26日(火) 計6回
【時 間】 18時~19時30分
【授 業 料】 32,400円(税込、全6回通しのみ) *部分受講、代理受講はできません
*墨田区在勤在住者助成金対象講座(半額補助)
【定 員】 30名
【会 場】 IFIビジネス・スクール(都営地下鉄大江戸線両国駅A-1出口直結)
東京都墨田区横網1丁目6-1
MAPはコチラ
【講 師】 富島 公彦氏 はた・らく会社 代表
大手アパレル、セレクト系SPAで、新規事業立ち上げや、人事副部長・人財開発グループ長・お客様相談室長として活躍。企業へのコンサルタント業務、大学・団体での講演多数。
黒川 智生氏 VMIパートナーズ代表
大手アパレルで、新規ブランド開発等を担当。商品開発から仕入れ販売までのすべての業務に精通。現在はコンサルタントとして、主に事業の開発・戦略、流通に関るSCMの課題克服などの分野でご活躍。
栗山 芳季氏 株式会社プレール プランナー
WEBマーケ関連会社出身。ファッション関連はもちろん、消費者のライフスタイル等々の情報分析と解析や、コンテンツを使用したマーケティング・販促のプロフェッショナル。
【研 修 内 容】 (1)ビジネスマナーとコミュニケーション
・社会人として必要な力を身につける
(2)ファションマーケットの今と情報収集の仕方を理解する
(3)作る・仕入れる・売る 現場を理解する
(4)ファッション産業の流れ
・業界のしくみ、ビジネスを理解する
・商品が出来上がるプロセスを理解する
(5)グループワーク

 

 

カリキュラム

日付 講義名 講義内容
第1回 6月21日
(火)
18:00-19:30 ■ビジネスマナーとコミュニケーション ●社会人・業界人としての常識を学ぶ
●コミュニケーション力を身に付ける
第2回 6月28日
(火)
18:00-19:30 ■マーケティングと情報収集 ●ビジネスにおけるマーケティングの重要性
●情報の収集と分析
●マーケットトレンド
第3回 7月5日
(火)
18:00-19:30 ■ファッションビジネスのしくみ ●マーケティング~マーチャンダイジング
●SCMの基礎
第4回 7月12日
(火)
18:00-19:30 ■ファッション産業の流れ ●ファッション業界の現状と課題
●ファッション業界の川上から川下まで
●素材産業~流通・小売り産業とは
‐交流会‐
第5回 7月19日
(火)
18:00-19:30 ■ファッションビジネス実践 ●マーケティングから戦略を考える
●プランニング、販売計画の作成
‐グループワーク‐
第6回 7月26日
(火)
18:00-20:00 ■ファッションビジネス実践 ●グループとして成果を出すために
●反省と課題
‐グループワーク発表‐

仲間と同じ課題で議論するグループワーク。
異業種・同業他社の人との交流が自分への刺激となり財産に

mo_011

 

 

 

 

※本件に関するお問い合わせ

事務局 川口(TEL:03-3275-0681)

名称未設定-1

2015 JFIC 第3回MD研修のご案内

 

―今求められるのは“心を動かす”マーチャンダイジング―

消費者の購買意欲が停滞する中で、モノを売るのではなくコトを発想し人を集める時代になっています。市場シェアの獲得競争は終わり、一人ひとりの心の中に占める思いこそが重要な今、確かなマーチャンダイジング・強いブランドエクイティが求められています。当カリキュラムは、MD従事者を対象に、いま時代に求められるマーチャンダイジングを、全6回の短期集中で学びます。是非ご参加下さい。
 

実 施 概 要

【募 集 対 象】 業務経験3年以上のMD従事者
【開 催 期 間】 2016年1月26日(火)~3月8日(火) 計6回
【時 間】 18時~19時30分
【授 業 料】 32,400円(税込、全6回通しのみ) *部分受講、代理受講はできません *墨田区在勤在住者助成金対象講座(半額補助)
【定 員】 30名
【会 場】 IFIビジネス・スクール(都営地下鉄大江戸線両国駅A-1出口直結)
東京都墨田区横網1丁目6-1
MAPはコチラ
【講 師】 長谷川 功 氏
(株)三陽商会へ入社。MD経験を経てマーケティング部長 として、宣伝・広報・ブランド開発に従事。現在は独立し、ファッションブランドに対するアドバイザーとして活躍。大学・大学院・専門学校など複数の学校教育も兼ねる。
金田 有弘 氏
(株)ワールドを経て、現(株)モードインターナショナルを設立、代表。アパレル・小売各社の、MDコンサルティング・ブランド事業支援。2009年より、アジア(韓国・中国)大手企業のブランド事業支援など業界全体の収益アップを目指す。
【研 修 内 容】 (1)情報の収集と分析;ファッション情報の収集・トレンドの考え方
・ファッション情報の収集
・トレンドの考え方
(2)マーチャンダイジングの基礎;分類について・PDCAサイクル・分類について
・PDCAサイクル
・MD計画の実践
・52週MDとは
(3)ブランド戦略;ブランドのポートフォリオ・ブランドのポートフォリオ
・ブランドマーケティングの要素
・100年ブランドのために
(4)事業開発の課題と演習
・グループワーク
   

カリキュラム

日付 講義名 講義内容
第1回 1月26日(火) 18:00-19:30 ■情報の収集と分析 ●マーケット分析、コレクション分析 ●トレンドの考え方
第2回 2月2日(火) 18:00-19:30 ■ブランド戦略(1) ●ブランドのポートフォリオ ●ブランドマーケティングの3大要素
19:30- ◇事業開発課題提示 ★グループワーク&交流会
第3回 2月16日(火) 18:00-19:30 ■ブランド戦略(2) ●100年ブランドのために ●リ・ブランディングの考え方
第4回 2月23日(火) 18:00-19:30 ■マーチャンダイジングの基礎(1) ●マーチャンダイジングとは ●PDCAサイクル ●分類の必要性
第5回 3月1日(火) 18:00-19:30 ■マーチャンダイジングの基礎(2) ●MD計画の実践活用 ●52週MDとは
第6回 3月8日(火) 18:00-20:00 ■事業開発演習 ●グループによる演習課題の発表と講評
      mo_011        
※本件に関するお問い合わせ
事務局 川口(TEL:03-3275-0681)
01

2015 JFIC 管理職研修

人材育成事業委員会

IFIビジネススクールのご協力の下、JFIC管理職研修を実施いたします。次世代を担う管理職の方々の参加をお待ちしております。ファッション市場は、価格と量の時代から価値の時代へと大きく変化しています。しかし、マーケティングから製造、それに伴うインフラは変化に追いついていません。今、変化の流れに乗れないで目先の仕事に追われていると、会社やブランドの戦略も見えてきません。当カリキュラムは、管理職の方を対象に、全6回短期集中の講義とグループワークで、新しい時代を切り拓いていける管理職としての、実践的な力の習得を目指します。

 ※募集は締め切りました。

募集対象
管理職
開催期間
9月29日(火)~11月10日(火) 全6回
時 間
18時~19時30分
授 業 料
32,400円(税込、全6回通しのみ) *部分受講、代理受講はできません
定 員
30名 (同一企業からの参加は原則2名といたします)
会 場
IFIビジネス・スクール
(都営地下鉄大江戸線両国駅A-1出口直結、JR総武線両国駅徒歩8分)

 

※この研修に関するお問い合わせは 事務局 川口(03-3275-0681)まで

bg_m_products

認証順調に進み、企業認証件数223件、商品認証件数72件となりました。

日本ファッション産業協議会が日本繊維産業連盟の協力を得、経済産業省の賛同を受けて推進する「J∞QUALITY商品認証事業」では、今年の2月に申請受付を開始以来、順調に認証が進んでいます。企業認証では、産地等の実情に合わせて一部制度を改正し、産地での説明会を重ねるなど申請促進を図り、7月20日現在で申請数合計303件、うち認証済み合計223件となりました。また、2015年秋冬向け商品から始めている商品認証では、7月17日認証部会で新たに59件認証され、合計72件となりました。「J∞QUALITY」ブランドの価値の確立するためにも、認証部会では商品認証において「織り・編み」・「染色整理加工」・「縫製」の3工程が国内で行われているだけでなく、これぞ世界に誇れる日本品質と言える独自の技術力と創造力があるかを重視し、厳正な審査を重ねています。

 

●J∞QUALITY 商品認証済みリストはこちらから

 

●J∞QUALITY 2015年度プロモーション具体的施策はこちらから

jq_2

ファッションブランドの垣根を超えた、オールジャパン認証制度「J∞QUALITY」本格始動!

先行してJ∞QUALITY 公式WEBサイトがオープン
J∞QUALITY コンセプトや著名人のスペシャルインタビューなどが掲載

 

jq日本ファッション産業協議会は、新しい純国産ファッション商品の統一ブランドであるJ∞QUALITYの認証商品がいよいよ2015年秋冬物より店頭展開することを受け、消費者向けのコミュニケーション拠点としてJ∞QUALITY 公式WEBサイト(http://jquality.jp/)をオープンしました。

日本商品について国内外からの注目が集まっている現在、国産ファッション商品および日本のモノづくりの価値を改めて消費者に伝え、理解や愛着を持ってもらう為に2015年秋冬物より展開するJ∞QUALITYプロジェクト。経済産業省の後押しを受け、日本ファッション産業協議会が推進するこのJ∞QUALITTYプロジェクトの消費者向けのコミュニケーション拠点として日本ファッション産業協議会はJ∞QUALITY公式WEBサイトをオープンしました。
本WEBサイトでは新しい純国産ファッション商品の統一ブランドである「J∞QUALITY」のコンセプトや、各界で活躍するオピニオン•リーダーたちによる「日本の品質」をテーマにしたスペシャルインタビューを紹介しています。 本WEBサイトでは今後店頭展開されるJ∞QUALITY認証商品や関連する生産現場の紹介、J∞QUALITY全体でのイベントなどのコミュニケーション活動の予告やレポートを順次公開していく予定です。

 

 J∞QUALITY 公式WEBサイトはこちら


http://jquality.jp/


 

bil0007-003

2014年10月20日に一般社団法人日本ファッション産業協議会として法人登記

日本のファッション関連団体の力と知恵を結集することにより発信力・発言力を強化し、ファッション産業全体の底上げと発展・拡大を目指して、ファッション産業に係る8団体が発起人となり、2013年10月1日に日本ファッション産業協議会が設立しました。その後、協議会の趣旨に賛同いただいた4団体が新たに加盟し12団体に発展いたしました。設立1周年を迎えるこの機に、
更なるパワーアップと社会的責任、信頼性、各事業の推進力の強化を図るために2014年10月20日に一般社団法人日本ファッション産業協議会として法人登記いたしました。